藍の力でお腹すっきり!頑固な便秘にアプローチする「藍の青汁」

aa20161023-2
藍と聞くと、皆さん染料の藍染めを思い浮かべるのではないでしょうか。
でも実は、藍は古来から伝わる薬膳野菜で、食物繊維や鉄分・亜鉛などのミネラル、ポリフェノールを含んでいて、摂取することで、便秘の方にアプローチしてくれる野菜なんです。

そんな日本伝統の藍染め原料のタデ科植物で、スーパー薬膳野菜でもある国産の藍を使った、日本初の青汁が「藍の青汁」です。

スーパー薬膳野菜「藍」の脅威のパワー

aa20161023-1
スーパー薬膳野菜といわれている「藍」。
スーパーと呼ばれるだけあって、健康に良い3つの脅威のパワーがあるんです。

①腸内の善玉菌を増やす、善玉菌の餌である食物繊維が豊富
一般的に青汁の原料として使用されるケールや明日葉などと比べても豊富で、その含有量はケールの約2倍。

②不足しがちなミネラル(鉄分・亜鉛)が豊富
一般的に青汁の原料として使用されるケールや明日葉などと比べても豊富で、その含有量はケールや明日葉の2~5倍以上。

③体をサビから守る抗酸化物質ポリフェノールが豊富
ポリフェノールが豊富に含まれているといわれているブルーベリーよりも含有量と質が非常に高く、その含有量はレタスの約10倍。

さらに、その他に、新規成分である3種のフラボノイド「純藍ポリフェノール」も発見されています。
体内でコレステロールを合成する際に働く酵素を阻害する働きがあることが明らかになっており、オランダの学会誌Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysisでも発表されています。
「藍」は、生活習慣病へのアプローチも期待されているスゴイ野菜なんです。

「藍」の他にも、健康の維持に役立つ食材を配合

aa20161023-3
「藍」の他にも、青汁には、国産有機大麦若葉、桑の葉、オリゴ糖などの、体の健康維持に役立つ食材が配合されています。

有機大麦若葉・・・アスパラガスの約9.5倍ものビタミンB2、豊富なビタミンやミネラルを含む
クマザサ・・・古来から健康維持のために伝承されていた植物で、葉緑素やアミノ酸などを豊富に含む
桑の葉・・・古来から健康維持のために伝承されていた植物で、ビタミンやミネラルなどを豊富に含む
乳糖果糖・オリゴ糖・・・善玉菌の働きをサポートし、腸内環境を整える

「藍の青汁」を飲んでみました!

藍の青汁を飲んでみて、水への溶けやすさ・飲みやすさ・口当たり・匂いなどをチェックしてみました。

aa20161023-4
箱の中には、縦長のスティック状の袋に1包ずつ入っています。
1包に対して水を50~100ml入れて溶かして飲みます。1日の目安は1~3包です。

aa20161023-5
青汁の粉末をコップ入れてみると、少し濃いめの抹茶の粉末の中に、白い粒も少し混じっています。
この白い粒は、おそらくオリゴ糖だと思います。

オリゴ糖が入っていることで、腸内環境を整える作用が期待されるだけではなく、味が甘くなって苦さが抑えられて、飲みやすくなります。

水への溶けやすさ

aa20161023-7
1包に対して100mlの水を入れてみました。
すると、水を入れただけなのに、かき混ぜた後かのようにさっと水に溶けました。かなり溶けやすいという印象です。

aa20161023-8
スプーンでしっかりかき混ぜてみると、完全に水に溶けて全体的に渋めの濃い緑色になりました。
青汁によくある、コップの周りに溶けきれない粉の粒が付くようなこともありませんでした。

飲みやすさ

aa20161023-11
実際に飲んでみたところ、青汁特有の苦みというのはあまり強く感じられず、すっきりとした味わいです。
青汁というよりは、冷たい緑茶に近いような気もしました。100mlの水に溶かしたのでちょっと薄い味だったのかもしれません。
濃い青汁が好きという方は、50ml程度の水に溶かした方がいいのかもしれません。

口当たり

aa20161023-6
見た目はさらっとしていますが、飲んでみると口当たりがまろやかです。
しっかりかき混ぜないと、若干粉っぽい舌触りが残るけど、気になる程度ではありません。
粉っぽさが気になる場合は、飲む直前によくかき混ぜることで、粉っぽさはなくなり、キレイに溶けます。

匂い

aa20161023-14
青汁に良くある青臭い匂いではなく、香ばしい葉っぱの香りがします。
それほど強い匂いではなく、嗅いでいて心地よい香りです。
匂いを嗅いでいると、やっぱり青汁ではなく、緑茶なのかと思ってしまいました・・・

「藍の青汁」とヨーグルトは意外とベストマッチ!

aa20161023-12
「藍の青汁」にオリゴ糖が配合されているので、腸内環境を整えるために毎朝食べているヨーグルトに、「藍の青汁」の粉末をかけてみて食べてみました。

aa20161023-13
これが意外とベストマッチ!私はどハマりしてしまいました・・・
他の青汁でもヨーグルトにかけて食べたことがありますが、やっぱり苦味が口に残って、甘味を足さないと食べづらかったのですが、「藍の青汁」は、乳糖果糖・オリゴ糖が入っているので、甘味を足さなくても、強い苦味を感じることなく、おいしく食べられるんです。

ヨーグルトに「藍の青汁」を入れて食べるだけで、ビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養の補給にもなるので、ほんと朝食にはおすすめです。

「藍の青汁」を飲み始めてからお通じの調子もよくなりました!

aa20161023-10
「藍の青汁」を飲み始めた翌朝、いつもはなかなかお通じが出ず困るんですが、その日の朝はなんとすんなり朝からすっきり出たんです!
普通の青汁では、すぐには効果を実感できないことがほとんどですが、「藍の青汁」は効果テキメン!
きっと、藍に豊富に含まれる食物繊維のおかげなのかなって思っています。藍のパワーはほんとにスゴイ!と身をもって実感しました。

「藍の青汁」はコストパフォーマンスもかなりいい!

aa20161023-9
「藍の青汁」は、1杯約130円とお手頃価格。
これだけ手軽に作れて飲みやすいうえに、この値段なら、無理なく飲み続けることができそうですね。
さらに、普段摂取することができない藍のパワーを実感することができるので、かなりコスパはいいと思います。

これまで便秘に悩んで青汁を飲んだことがあるけど、あまり効果が実感できず飲むのをやめてしまった方や、青汁の苦味に我慢することができず、続けるのを断念した方!是非1度、飲みやすく、続けやすいコスパの「藍の青汁」を飲んでみてください。

「藍の青汁」 詳細はこちら
>> 藍の青汁




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.