ローションでラメラ構造を実現!1本6役のオールインワン美容液

cd20161014-11
オールインワンコスメといえば、思い浮かべるのはプルプルとしたテクスチャーが特徴のジェルタイプのオールインワンゲル。
多くのオールインワンゲルは、ジャーの容器に入ったゲルをスパチュラで適量とって使うタイプのものがほとんどです。

でもこの使い方。容器のフタを開けて、スパチュラでゲルをすくって、と2ステップあって、忙しい朝はちょっと面倒に感じることがありませんか。そんな方におすすめなのが、ローションタイプのオールインワン美容液「コンシダーマル」です。

cd20161014-5
ちょっとつけるのが面倒に感じるジャーの容器に入ったジェルタイプのオールインワンではなく、ローションタイプなのでとっても使いやすいんです。1本で導入液、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの6役で、洗顔後はこれ1本でスキンケアすればOKなので、忙しい朝にはもってこいの時短スキンケアができるオールインワン美容液です。

>> 次世代オールインワン【Considermal(コンシダーマル)】

肌のラメラ構造をローションで実現した画期的な美容液

cd20161014-9
「コンシダーマル」は、次世代オールインワン美容液というキャッチがついていますが、何が次世代かというと、肌のラメラ構造をローションで実現しているところなんです。

皮膚臨床薬理研究所と共同で開発された「コンシダーマル」独自のラメラテクノロジーによって、世界で初めて化粧品を肌の構造と同じラメラ構造にすることを実現しています。この技術は特許技術なんだそうです。

肌のラメラ構造とは?

cd20161014-8
肌のラメラ構造とは、肌内部の角質層の構造のことで、水分と油分がミルフィーユ状に交互に重なり合い、規則正しく並んでいる状態のことです。

肌は、ラメラ構造が何層も重なっていてできていて、このラメラ構造が紫外線などの外部刺激から守る肌のバリア機能を保っています。

しかし、敏感肌や乾燥肌の場合、この肌のラメラ構造が乱れてしまうことで、肌のバリア機能が低下してしまい、紫外線などの外部刺激によって肌トラブルを引き起こす原因となります。

「コンシダーマル」は、ローション自体を肌と同じラメラ構造にすることで、美容成分を角質層まで浸透・持続させることで、乱れた肌のラメラ構造を整えてくれるのです。

肌を構成する美容成分30種類を厳選配合

cd20161014-1
さらに、「コンシダーマル」には、年齢や肌トラブルに負けないハリ・ツヤ・透明感を肌に与えるため、肌を構成する美容成分30種類を厳選。主に、肌のうるおいや角質層のバランスの保持に重要な役割を果たす皮脂・NMF・細胞間脂質や真皮の構成成分を配合しています。

(皮脂)スクワラン
(NMF(天然保湿因子))アミノ酸・ミネラル
(細胞間脂質)セラミド3
(真皮構成成分)加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na

細胞間脂質の構成成分として配合されているセラミド3は、人の肌に存在するセラミドと似た構造を持つヒト型セラミドであるため、保湿性・浸透性がすぐれている成分なんです。
しかも、成分表示をみると、セラミド3が8~10番目と割と早い順番で表示されています。成分表示は、含有量が多い順に表示されているので、保湿成分として重要なセラミドの含有量が多いことがわかります。乾燥肌に悩む女性にとっては嬉しいですね。

ローションタイプで肌なじみが早く浸透しやすい

cd20161014-10
実際に、「コンシダーマル」を使ってみました。
「コンシダーマル」には、さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があります。

cd20161014-2
1本(80ml)で約1.5ヶ月使用できます。1回の使用量は3~4プッシュ。
容器がポンプ式なので、1回使用量が適切に出すことができます。
洗顔後、1回使用量を手にとり、顔全体になじませます。

cd20161014-12
ローションタイプなので、とろみのあるテクスチャー。
肌なじみが早いので、肌に伸ばしてみると、スーッと肌に浸透していき、肌がしっとりとします。
最初は、こんなローションだけで肌が潤うの?って疑っていましたが、実際につけてみると、肌の内側からしっとりとする保湿感を感じることができます。乾燥肌の私でも、保湿感が足りないという感じはなく、洗顔後1本のスキンケアだけで十分に肌に潤いを与えることができます。

さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類両方を使ってみました。

cd20161014-3
こちらはさっぱりタイプ。
さっぱりタイプといっても、とろみのあるテクスチャーで、サラサラとした感じがありません。

cd20161014-6
ただ肌に伸ばすと、化粧水のようにさらっと肌になじむ感じで、肌につけた後しっとりとした潤いを肌に残ります。

cd20161014-4
こちらはしっとりタイプ。
テクスチャーは、さっぱりタイプとほとんど変わらない感じです。

cd20161014-7
ただ、肌に伸ばしてみると、少ししっとりタイプの方が油分がやや強く感じる気がしました。
肌につけた後も、しっとりとした潤いが、さっぱりタイプよりも強く感じるように思いました。

特に乾燥が気になる秋・冬にはしっとりタイプ、あまり乾燥は気にならない春・夏にはさっぱりタイプと使い分けるのもおすすめですよ。

cd20161014-13
忙しい朝、手早くスキンケアしたい方におすすめのオールインワン美容液「コンシダーマル」。
Web購入限定で、初回半額で購入できます。さらに30日間全額返金保証もついているので手軽にお試しできますよ。

「コンシダーマル」 詳細はこちら
>> 次世代オールインワン【Considermal(コンシダーマル)】






スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.