カサカサひじもつるつるに!ライスパワーで肌が潤うボディクリーム

as20161014-2
厚生労働省に認可された水分保持能改善効果を有する唯一の成分であるライスパワーエキスNo.11を配合しているボディクリーム「アトピスマイルクリーム」。その名の通り、アトピー肌やドライスキンでお悩みの方でも使うことができるボディクリームで、全身の乾燥が気になる方におすすめのクリームです。

肌が弱く肌トラブルが多い小さな赤ちゃんからシニアまで使うことができるので、1本持っていれば家族皆で使うことができます。

「アトピスマイルクリーム」を販売しているのは、ライスパワーショップ。
ライスパワーエキスの研究開発・製造を行っている勇心酒造株式会社が運営しているショップです。
他社の大手のライスパワーエキス配合コスメも開発・製造している開発元なんだそうです。

>> 【アトピスマイル クリーム】

ライスパワーエキスNo.11とは?

as20161014-1
肌の保湿を保つために重要な肌内部にある成分・セラミド。
ライスパワーエキスNo.11は、そのセラミドを肌の内側から増大させ、肌が水分を保つ力を改善する「水分保持能改善」効果が、医薬部外品の効能として厚生労働省から認可されている唯一の素材です。肌そのものが水分をキープする力である水分保持能を改善することで、肌の潤いを保つことができます。

ライスパワーエキスは、お米から独自の日本型バイオ技術により生み出された素材で、皮膚など生体が本来持つ機能を健康に導くよう働きます。

ライスパワーエキスには、肌にうるおいを残しながら汚れを落とす洗浄剤用エキスであるライスパワーエキスNo.3や、肌の乾燥やカサつきをケアし、角質層へと働きかけ肌の油分を整えるライスパワーエキスNo.7など、様々な種類のライスパワーエキスがあります。

「アトピスマイルクリーム」のおすすめの使い方

as20161014-3
「アトピスマイルクリーム」のおすすめの使い方は、お風呂上がりの乾燥予防として使う使い方。
普段、乾燥でカサカサしている部位に塗るのもおすすめですが、一番おすすめなのは、肌が乾燥しやすいお風呂上がりに塗ること。

as20161014-4
お風呂上がりで軽く水気を拭き取った後、乾燥が気になる部位に塗ると、肌がしっとりと潤います。
べたつくことなく、肌によくなじむので、特に乾燥が気になる部位には重ね塗りしてつけてもいいです。

as20161014-5
香りがほとんどなく、肌への伸びがとってもいいので、ふくらはぎや太ももなど足全体に広範囲に使えます。

季節の変わり目にカサカサするひじもつるつるに!

as20161014-6
私が特におすすめするのは、カサカサ乾燥したひじ。
ちょうど夏から秋の季節の変わり目になると、ひじの乾燥がひどくなって、カサカサして皮がめくり上がっている状態になるんです。

そんなひじに「アトピスマイルクリーム」を塗りながら軽くマッサージをするケアを行ってみたところ、5日目にはカサカサと乾燥した感じがなくなり、つるつるのひじになりました。

アトピー肌やドライスキンでお悩みの方でも使えるボディクリーム「アトピスマイルクリーム」。
気になる方は詳細をチェックしてみてくださいね。

アトピスマイルクリーム 詳細はこちら
>> 【アトピスマイル クリーム】




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.