ウエスト引き締め効果がある骨ストレッチ「鎖骨ひねり」

kc1
TBSの「金スマ」で紹介されていたウエスト引き締め効果がある骨ストレッチ。
骨ストレッチは、元トップスプリンターで現在はスポーツトレーナーとして活動している松村卓先生が発案したストレッチ法なんだそうです。
松村卓先生は、自身の経験から、過度なストレッチや筋トレは体が硬くなりケガにつながることを実感し、古武道を研究した結果、骨ストレッチを生み出したそうです。
骨ストレッチに関する本も出版されています。

タレントの橋本マナミさんや三船美佳さんも、1日30秒の骨ストレッチを2週間実践しただけで、ウエストを引き締めることができた骨ストレッチについて、紹介させていただきます。

雪印メグミルクダイレクト機能性食品

鎖骨をひねるとどうしてウエストを引き締めることができるのか?

鎖骨は、肩甲骨・胸骨と連動しているので、鎖骨を動かすことで3つの骨を動かすことができるそうです。
肩甲骨を動くと、骨盤も動かすことができるので、ウエスト周りのインナーマッスルが刺激され、運動効率が上がるそうです。
その結果、少しの運動だけでウエストを引き締めることができるんだそうです。

ウエスト引き締め効果がある骨ストレッチ:鎖骨ひねりの内容

① 肩幅より広めに足を広げる

② 鎖骨を親指と小指で掴みながら、左右に体を捻る(※左右交互に180度しっかり捻るのがポイント)

このストレッチを1日30秒します。
お風呂の中ですることで、血行が良くなり、更にストレッチ効果が上がるそうです。

タレントの橋本マナミさんと三船美佳さんが2週間実践したところ、橋本さんは、ウエストが2週間で5cmマイナス、三船さんは、ウエストが2週間で8cmマイナスになり、効果があることが実証されました。

こんなに効果があるなら、私も今日から鎖骨ひねりを実践してみたいと思いました。




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.