乾燥肌に効果テキメン!セラミド配合オールインワンゲル

bg20161014-3
1本で化粧水・乳液・美容液・クリームなど何役もの機能を持つオールインワンゲル。
忙しい女性の化粧品アイテムとして大人気ですよね。

なめらか本舗の豆乳イソフラボンクリーム・新日本製薬のパーフェクトワンモイスチャージェルなど、多くのメーカーから発売されていますが、正直オールインワンゲルってどれも同じ・・・
結局、保湿感が足りなくて、オールインワンゲルに、化粧水やら美容液やらクリームやらをプラスしてスキンケアしてしまうという方も多いのでは?

でも、最近私が使用してみた「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」は、洗顔後本当に1本だけのスキンケアでも、乾燥肌の潤いが持続するから、オールインワンゲルだけでは潤いが物足りないという感じはしないんです。

乾燥肌で、オールインワンゲルだけでは不安という方でも、是非1度使ってみてほしいゲルです。

>> ナチュラルエレメンツ バランシングゲル

乾燥肌でもしっかり保湿!潤いが続く秘密は3種類のセラミド

bg20161014-2
乾燥肌でオールインワンゲルを使うと、不安になるのが保湿の持続性。
最初はオールインワンゲル1本のみを使ってスキンケアを始めてみても、やっぱり夕方になると肌がカサカサ・・・
なんて経験をしたことがある乾燥肌の方が多いと思います。

でも、「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」は、本当に1本だけで、乾燥肌でもしっとり保湿し、さらに朝スキンケアしたら、肌の潤いが夕方まで持続するから、潤いが物足りないから、美容液やクリームを足さなきゃっていう感じがしないんです。

その秘密は、ゲルに配合された3種類のセラミド。

セラミドは、人の肌に存在し、約80%もの水分を保持する成分で、肌に潤いを与えるために重要な成分です。
乾燥肌の方は、基本的にセラミドが不足している状態の方が多いので、セラミドでの保湿ケアが必要なのです。

ヒト型セラミド配合だから、すぐれた保湿性・浸透性あり!

セラミドを配合している化粧品はたくさんありますが、配合されているセラミドには様々な種類があります。
セラミドは、主に以下の3種類に分かれます。

ヒト型セラミド・・・人の肌に存在するセラミドと似た構造を持つセラミドであるため、保湿性・浸透性に優れている。
化粧品の成分表示には、「セラミド1」のように、セラミドの後に1~7までの番号が表記されている。

非ヒト型セラミド・・・馬や豚などの動物由来、コーンや米などの植物由来の天然成分のセラミド。
化粧品の成分表示に、「ビオセラミド」「セレブロシド」、「植物性セラミド」などと表記されている。

疑似セラミド・・・石油原料から化学的に合成したセラミドに類似した物質。分子構造がセラミドに似ていますが、あくまでも似ているだけで、セラミドとは全くの別物。価格が非常に安価であるため、化粧品に使われることが多い。化粧品の成分表示に、セラミド成分が記載されていない場合は、疑似セラミドが使用されていることが多い。

驚いたのが、石油原料から合成したセラミドに似た成分が配合されている化粧品もあるということ!
セラミドといっても、偽物のセラミドもあるので注意が必要です。

やはり、乾燥肌の保湿に一番おすすめなのは、ヒト型セラミドを配合した化粧品です。

bg20161014-9
「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」には、保湿性・浸透性に優れたヒト型セラミド(セラミド1、セラミド3、セラミド6II)が配合されています。
しかも、ヒト型セラミドの配合量が多いのも特徴。
パッケージに記載している成分表示を確認してみると、7,8,9番目に「セラミド1、セラミド3、セラミド6II」が表示されていました。
成分表示は、含有量が多い順に表示されているので、7,8,9番目に表示されているということは、比較的含有量として多いと思います。

bg20161014-5
「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」を実際につけてみると、テクスチャーはこってりとしていてちょっと重めのテクスチャー。
オールインワンゲルは水分含有量が多いものが大半なので、ジェル状でぷるっとしていて、肌にすーっと伸びるというテクスチャーが多いなか、「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」は一般に多いオールインワンゲルとは違ったテクスチャー。まるで美容クリームのようなこってりとしたテクスチャーです。

bg20161014-6
でも肌に伸ばしていくと、肌になじんできて、ぐんぐん成分が浸透していく感じがします。

bg20161014-7
そしてつけ終わった後すぐに、肌が内側からしっとりとした保湿感が肌にあります!
やや肌にベタつく感じが残りますが、ポロポロとしたカスのようなものがでることもなく、時間が経つと、肌へのベタつき感も気にならない程度になります。

朝つけると保湿感は、夕方まで続くので、保湿の持続性もあります。

少し使用しただけでも、高い保湿性と肌への浸透性を感じることができました。これも、やっぱりヒト型セラミドがたっぷり配合されているおかげなんだろうな~と感じました。

肌のコラーゲン・ヒアルロン酸などの産生をサポートする7種類の成分を配合

bg20161014-8
さらに、「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」は、ただ保湿成分を配合しているだけではありません。
コラーゲンやヒアルロン酸などを肌自ら作り出すのをサポートする以下の7種類の美容成分が配合されています。

●プロテオグリカン・・・コラーゲンやヒアルロン酸を生み出すサポートをする働きのある美容成分。保湿力はヒアルロン酸以上あるといわれている。

●ビワ葉エキス・ウンシュウミカン果皮エキス・・・肌にある保湿成分コラーゲンを守る働きのある美容成分

●シャクヤク根エキス・セイヨウオオバコ種子エキス・・・肌にある保湿成分コラーゲンを育てる働きのある美容成分

●3重らせんコラーゲン・・・肌にある保湿成分コラーゲンを補う働きのある美容成分

●ダイズ種子エキス・・・肌自身がコラーゲンを生み出す働きをサポートする働きのある美容成分

だから、使っているうちに、肌の保湿力が高くなり、乾燥が気にならない肌へと導いてくれます。

ポンプ式の容器で使いやすい!最後まで新鮮な状態でゲルを使える!

bg20161014-4
「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」は、一般的なオールインワンゲルに多いジャータイプの容器ではなく、ポンプ式の容器です。
1プッシュすると適量が出てくるので、1度にゲルをたくさん出し過ぎる心配もありません。

さらに、ジャータイプだと、空気に触れる機会が多いので、化粧品の酸化・劣化が気になりますが、ポンプ式容器だと、空気に触れることが少ないので、最後まで新鮮なままゲルを使うことができるのも嬉しいですね。

オールインワンゲルを選ぶポイントについて

bg20161014-10
オールインワンゲルといっても、種類が多すぎてどれを選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、オールインワンゲルを使う際に選ぶポイントについて、紹介します。

肌質に合ったものを選ぶ

オールインワンゲルには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド等保湿成分が含まれているものが多いです。
配合されている保湿成分の種類や含有量に差があるので、それによって肌の保湿感も異なります。

とりあえず乾燥肌だからしっとりとした保湿性の高いものがよいという場合は、セラミドをたっぷり含むオールインワンゲルを選ぶなど、自分の肌質に合ったものを選ぶのがおすすめです。

テクスチャーで選ぶ

オールインワンゲルは、水分が多くみずみずしいテクスチャーのものや、水分の他に油分も含まれていてこってりとしたテクスチャーのもの等、様々あります。

ちょっとベタつきを感じるのが嫌だという方は、みずみずしくすーっと肌になじむテクスチャーを選ぶなど、
毎日使うスキンケアコスメとして、自分の好みのテクスチャーを選ぶのもおすすめです。

ベースメイクとの相性で選ぶ

朝、オールインワンゲルをつけた後、ベースメイクをつけると、ポロポロとしたカスが出たり、ファンデーションがよれてしまったりする場合があります。そのような現象が起きるのは、ベースメイクとの相性が悪いことが原因である可能性も考えられます。
自分が使っているベースメイクとの相性が悪い場合には、ベースメイクを変える・朝のオールインワンゲルの使用は止めるなどする必要があります。

bg20161014-1
テクスチャーや、肌質・ベースメイクとの相性を確認するためには、実際に使ってみるのが一番ですよね。
「ナチュラルエレメンツバランジングゲル」なら、同梱のサンプルを実際に使ってみて、自分に合わないと思ったら返品できる返金保証があるんです。だから、ちょっとお試ししてみたいという方でも安心して購入できます。

乾燥肌でもオールインワンゲル1本だけで時短スキンケアしたいという方!
是非1度使ってみてくださいね。

>> ナチュラルエレメンツ バランシングゲル




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.