小腹がすいたら食べたい!ダイエット中の間食にカロリーゼロの蒟蒻ゼリー

20150709_37
暑い夏に向けてもう少し体重を減らしたいなと思う今日この頃。間食にお菓子を食べているのが原因なんだろうなってわかっているので、今日から間食のお菓子をカロリーゼロの蒟蒻ゼリーに変えてみることにしました!

久しぶりに食べたORIHIROの「ぷるんと蒟蒻ゼリー」が食べやすく美味しかったので、レビューさせていただきたいと思います。

チューブを吸うだけで蒟蒻ゼリーを簡単に食べられる

20150709_38
先端についているチューブを吸うと、細かく砕かれた蒟蒻ゼリーがでてきて食べられるようになっています。これなら、小さいお子さんでも簡単に食べられるし、蒟蒻ゼリー自体が細かく砕かれているので、蒟蒻ゼリーでのどを詰まらせる心配もなく安心して食べることができますよね。

蒟蒻ゼリーの内容量と栄養について

20150709_39
1袋の内容量は130gです。カロリーはゼロで、栄養は食物繊維が0.3gと蒟蒻ゼリーの割には少ないイメージです。食物繊維不足を補う目的で食べるなら、他の蒟蒻ゼリーを食べた方がよいかもしれませんね。私は小腹がすいた時に、小腹を満たすために蒟蒻ゼリーを食べているので、ORIHIROの蒟蒻ゼリーで十分に感じました。

手軽なサイズで食べ切ることができるのがいい

20150709_40
パウチの蒟蒻ゼリーの場合、少し量が多過ぎて、1度で食べ切れないということもありますが、ORIHIROの蒟蒻ゼリーは1袋130gと少ないので、大人なら1度でちょうど食べ切ることができます。私も普段は少食ですが、ORIHIROの蒟蒻ゼリーは間食として1袋を1日で食べ切ることができる手軽なサイズなので好きです。

蒟蒻ゼリー自体には果実の味がしない

20150709_41
蒟蒻ゼリーをよくみると、透明のゼリーになっています。他の蒟蒻ゼリーは、ゼリー自体に果物の果汁を入れているので、果物の色がついていますが、ORIHIROのカロリーゼロの蒟蒻ゼリーは、ゼリー自体が透明になっています。ゼリー自体をそのまま食べると味があまりしませんが、果汁と一緒に流し込みながら食べると、不思議とゼリーも果物の味がします。
20150709_42
ゼリーが細かく砕かれているので、果汁と一緒に食べていると、ゼリーの食感からあたかも果物そのものを食べているかのように感じることもあります。ゼリーは結構弾力があり食べ応えがあるので、1袋食べるだけで満腹感が得られるので、間食のおやつ代わりとして本当に重宝しています。

これから暑い夏まであと少し。なんとか蒟蒻ゼリーを食べて、間食のカロリーを減らして、水着を着ても問題ない、きれいなカラダになれるように、ダイエットを頑張ろうと思っています。

↓ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックして応援をお願いします。
今後のブログ運営の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.