新しいサンダルでの痛い靴ずれ・マメを防ぐ6つの対策

SS20160718-1
せっかく新しいサンダルを買ってみたものの、しばらく履いていたら靴ずれに悩まされた経験ってありますよね。
かかとの皮膚がかぶれて、炎症して赤くなったり、足裏にマメができて、痛い思いをし、足に絆創膏を貼るハメになり、見た目が悪くなって、素足がみせられないと残念な思いをすることが多いと思います。

また、靴ずれやマメで足が痛いまま歩いていると、足腰にさらに負担がかかり、体のバランスにも影響します。

このような痛い靴ずれ・足裏のマメを作らないために、自分で防ぐことができる対策があります。

スポンサードリンク

対策1:自分の足に合ったサンダルを選ぶ

ついサンダルをデザイン性重視で選んでしまい、自分の足に合ったものを選んでいませんでしょうか。
デザインが良いからといって、自分の足に合わない靴で靴ずれやマメの痛みを我慢して履くのは、体のバランスに影響を及ぼすので、健康面でよくありません。

以下のポイントを参考に、自分の足に合ったサンダルを選ぶようにしましょう。

●足のつま先部分に1センチ程度の空間があるサイズを選ぶ
●足の甲に素材が食い込まないものを選ぶ
●かかとの幅や足のカーブ部分がフィットするものを選ぶ
●靴底が土踏まずにフィットするものを選ぶ
●靴底が固い素材でできて柔軟性がないものは避ける

対策2:サンダルの革素材をやわらかくする

サンダルの靴ずれで多いトラブルが、ストラップの部分が皮膚に当たって摩擦によって擦れてしまうことです。
ストラップでの摩擦を防ぐためには、皮革柔軟剤を塗布して、素材をやわらかくする方法をとるのがおすすめです。

皮革柔軟剤は、ホームセンターや専門の靴屋さん、インターネットで購入可能です。

対策3:シューストレッチャーを使いサンダルの形を整える

足のサイズが左右違うのに、どちらも同じサイズのサンダルを履いているという方は、自分の足に合うように、シューストレッチャーを使い、サンダルの形を自分の足の大きさに揃えることがおすすめです。

一般に、靴のサイズは、1センチ程度つま先に余裕があるものを選ぶとよいといわれていますが、自分の足のサイズが左右で違うのかよくわからないという方は、一度専門の靴屋に行って、店員さんに左右の足のサイズをみてもらうことをおすすめします。
自分では両足同じサイズと思っていても、実際は違うということもあります。

シューストレッチャーは、ホームセンターや専門の靴屋さん、インターネットで購入可能です。

対策4:靴下やストッキングを履く

靴ずれや足裏のマメは、サンダルと皮膚の摩擦によりできます。サンダルと皮膚の接触を防ぐために、靴下やストッキングをクッションとして履く方法もあります。
ただし、真夏の暑い時期だと、靴下やストッキングを履いて、サンダルを履くとなると、抵抗がある方も少なくないと思います。

対策5:保護パッドやテーピングなどを貼って皮膚の摩擦を減らす

靴ずれやマメができやすい部分に、保護パッドやテーピングを貼って、サンダルと皮膚との接触を減らし、摩擦が起こらないようにする方法もおすすめです。

保護パッドやテーピングは、ドラッグストアや薬局、インターネットで購入できます。
保護パッドやテーピングの中には、透明タイプで目立たないものもあるので、素足でサンダルを履いてもあまり気になりません。

対策6:ワセリンなどの保護剤を塗って皮膚の摩擦を減らす

保護パッドやテーピングと同様、サンダルと皮膚との接触を減らし、摩擦が起こらないようにするため、皮膚にワセリンなどを塗布して、皮膚の滑りをよくする方法もあります。
保護パッドやテーピングと比べて、より目立たないので、素足にサンダルを履くこともできます。

ただ、ワセリンは肌へのベタつきがある点や効果が長時間持続しないため、塗り直す必要がある点がデメリットです。
より効果が持続し、肌へのベタつきがない皮膚の保護剤なら、ファムズベビーという商品がおすすめです。

ファムズベビーは、その名のとおり、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎、乳児性湿疹、よだれかぶれ、オムツかぶれなど肌トラブルに悩むママのために開発された全身保護剤なのですが、肌のバリア効果の高さから、靴ずれやマメの防止策としても使えると口コミで話題となっているものです。

MA20160717-3
中身はフォーム状になっています。ポンプ式の容器を押すと、中から弾力のある軽い泡が出てきます。

MA20160717-4
肌への伸び・なじみがとてもよく、塗った後も肌へのベタつきもなく、驚くほどさらっとしているんです。

MA20160717-5
しかも、1度塗ると肌のバリア効果は長時間持続し、汗や水で落ちてしまうということもないので、1度塗れば、1日中肌にバリアを張ってくれるので、皮膚とサンダルとの摩擦を防ぐことで、靴ずれや足裏のマメを防止することができます。

私もファムズベビーのおかげで、靴ずれを防ぐことができ、一度履いて靴ずれを起こして痛い思いをして以来、捨てられず靴箱の奥で眠っていたサンダルも、問題なく履けるようになりました。
靴ずれやマメができたせいで、せっかく買ったのにあまり履くことができなかったサンダルも復活させることができます。

サンダルによる靴ずれや足裏にできるマメにお悩みの方は、1度お試ししてみることをおすすめします。

>> 靴ずれ・マメを防ぐファムズベビーを今すぐ試してみる




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.