ストレートパーマ・縮毛矯正せずにクセ毛がまとまるシャンプー

queen20160317-2
クセ毛で朝のスタイリングがまとまらないと悩む女性、多いですよね。
実は私もその一人です。

これまで、ストレートパーマや縮毛矯正をしたり、クセ毛専用のシャンプーを購入したりと対策をたてて、美髪になるべく頑張ってきました。
スタイリング剤でなんとかキレイに整えても、午後・夕方になるにつれて髪の毛が乱れ、身だしなみが悪い人にみられがちなんです。
けっしてそんなわけではないのに、身だしなみを整えろと会社の上司にいわれて傷ついたことも・・・・

何度となく、ストレートパーマや縮毛矯正をしましたが、結果的にその行為が原因で髪を傷めてしまい、さらに髪のボサボサ感やパサつき感が増してしまったこともありました。

髪を傷めることなく、どうにかクセ毛を自然に扱いやすくする方法はないかと探していたところみつけました!

クセ毛は根本的な遺伝要因の部分ではなおせないところがありますが、日頃のシャンプーで髪の水分をコントロールすれば、髪のうねりやクセ毛がまとまりやすくなるんです。

>> 髪の水分バランスをコントロールしてクセ毛対策できるシャンプーとは?

クセ毛の原因とは?

queen20160317-6
クセ毛の原因として、主に、髪の毛穴の形の曲がりと髪の毛のコルテックスバランスの乱れの2つがあげられます。

髪の毛穴の形の曲がり

髪の毛が生えてくる毛穴自体がいろんな方向に曲がっているために、そこから生えてくる髪の毛も曲がってきます。

クセ毛ではない人の毛穴は上向きであることが多いですが、クセ毛である人の毛穴は横向きや真下を向いていることが多く、この毛穴の曲がり具合により、髪の毛もうねってしまいます。

これはもともと遺伝的に毛穴の形が曲がっていることが多く、毛穴の形自体をなおすことはできません。
そのため、髪の毛自体にストレートパーマや縮毛矯正をしても、効果は一時的であり、曲がった毛穴から生えてくる髪の毛はまたうねり出してしまうため、定期的にストレートパーマや縮毛矯正をしないといけないということになります。

髪の毛自体のコルテックスバランスの乱れ

髪の毛は、主にコルテックスと呼ばれるタンパク繊維の層からできています。
コルテックスは、硬いタンパク繊維と柔らかいタンパク繊維から構成されていて、この2つのバランスが崩れることで、髪の毛がうねり、クセ毛となって現れます。

硬いタンパク繊維は水分が少なく、柔らかいタンパク繊維は水分を吸収しやすい性質にあり、この2つの水分バランスの偏りによって、髪の毛がうねり、クセ毛となり現れてしまうのです。

クセ毛は髪の毛の水分バランスを整えることで改善が期待できる!

queen20160317-5
クセ毛の根本的な原因である毛穴自体をなおすことは難しいですが、髪の毛の水分バランスを整えることで、クセ毛をまとまりやすく、自然に扱いやすい髪の毛と変化させることが可能なんです。

クセ毛の大敵は髪の毛の乾燥なので、髪の内部に水分を入れてくれる保湿力の高いシャンプーを使って、毎日のヘアケアを変えてみることで、水分バランスを整えることができます。

クセ毛におすすめのシャンプーは、

①高い保湿力のある成分を配合しているシャンプー
②髪の内部に水分を導入してくれるシャンプー

になります。

queen20160317-1
上記2つの条件を満たすシャンプーが、「クイーンズバスルーム」の薬用シャンプーです。

「クイーンズバスルーム」は、必要な皮脂と潤いを守りながら洗浄し、髪の内部に水分を与え、しっかり髪の保水力を維持することで、髪を傷つけることなく、自然に扱いやすい髪質へと整えてくれます。

queen20160317-4
また、「クイーンズバスルーム」には、漢方にも使用される超高級成分「冬虫夏草」を保湿剤として配合し、高い保湿力を実現。髪が保水力を高めることで、クセ毛が落ち着きまとまりやすくなることも科学的に立証されています。

queen20160317-3
私の髪の毛は硬くてゴワゴワし、パサつきがちでしたが、「クイーンズバスルーム」を使い始めてから、髪の毛がしなやかにまとまるようになりました。
もともと天然パーマの部分のうねりはなおすことはできませんが、使わないのと使うのとでは、髪の毛のまとまりが違います。

パサつきがちでまとまりのないクセ毛にお悩みの方。
髪の毛を傷めるストレートパーマ・縮毛矯正はやめて、シャンプーで自然に扱いやすい髪質に変えてみませんか。

>> シャンプーで髪は変わる!★5日分お試しサンプル送料無料【クイーンズバスルーム】




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.