0歳(生後4~6か月)赤ちゃんにおすすめの絵本・ファーストブック

赤ちゃんに絵本を読み聞かせしたいけど、どんな絵本がいいのかな?
どんなファーストブックなら赤ちゃんが興味を持ってくれるのだろう?
ゆーママ
ゆーママ
はじめて赤ちゃんに絵本を読み聞かせるなら、発達に合わせた絵本を選ぶのがおすすめだよ!

赤ちゃんの発達といっても、わかりづらいですよね。

そこで、本記事では、特に0歳前半(生後4か月~6か月)の赤ちゃんの発達に合わせた、赤ちゃんが喜ぶおすすめのファーストブックについて、紹介します。

ゆーママ
ゆーママ
この記事を読めば、赤ちゃんが喜ぶ絵本に出会えるかも!
ゆーママ
ゆーママ
私のおすすめの赤ちゃん絵本は、
じゃあじゃあぴりぴり(まついのりこ(著)・偕成社)だよ!

赤ちゃんでも認識しやすいはっきりとした色
赤ちゃんの聴覚を刺激する擬音語・繰り返しの言葉が多いからおすすめだよ!

赤ちゃんはいつから絵本を読み聞かせできるのか?

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせは、生後4か月頃からがおすすめです。

このくらいの時期は、やっと追視ができ始める頃で、まだ視力は十分に育っていません。
まだ絵本の中の絵を目線で捉えることは難しい状態です。
そのため、絵本をみせても、目線が全く違う方を向いているのが実情です。

しかし、聴覚は視覚よりも発達しています。
聴神経はママのお腹の中にいる早い時期から発達しています。

そのため、読み聞かせているママやパパの声は聞こえているので、
音に特徴のある絵本を読んであげると喜ぶと思います。

0歳前半(生後4か月~6か月)の赤ちゃんへの絵本の選び方3選

擬音語・擬態語がある絵本を選ぶ

びりびりやぴょーんなど、擬音語・擬態語があると、赤ちゃんも声色に興味も持ってくれます。

言葉のリズムがある絵本を選ぶ

もこもこやわんわん、とっとことっとこなど、言葉にリズムがあるもの、繰り返しの言葉が出てくる絵本は、言葉の響きが楽しく、赤ちゃんも興味を引いてくれます。

絵の輪郭・色がはっきりしている絵本を選ぶ

絵にコントラストがあり、色がはっきりとしているもの。特に、色彩が鮮やかな原色系の絵本がおすすめです。赤色があると、赤ちゃんは目をこらしてみてくれるでしょう。

プロが厳選!絵本リスト【ブックスタート赤ちゃん絵本】も参考になる

図書館や本屋さんで赤ちゃんの反応が良いものを選ぶとしても、
赤ちゃんを連れて、図書館や本屋さんへ行くのって結構大変!

急にぐずったりするし、コロナ禍だとゆっくり絵本も選んでられないよね!

そこでおすすめなのが【ブックスタート赤ちゃん絵本】です。

【ブックスタート赤ちゃん絵本】とは?

各自治体のブックスタート事業で手渡される絵本候補として、3年ごとに開催される「絵本選考会議」で選ばれた絵本の一覧です。
絵本を選考しているのは、乳幼児発達の専門家、司書、保育士など、絵本に精通しているプロです。

(ブックスタート事業)
健診などの機会に、絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする活動

【ブックスタート赤ちゃん絵本】にも選出!おすすめの赤ちゃん絵本・ファーストブック5選

【ブックスタート赤ちゃん絵本】の最新版(2021年・2022年・2023年度版)に掲載されていて、直近3回連続で選出されている、おすすめの赤ちゃん絵本を5冊紹介します。

じゃあじゃあびりびり(まついのりこ(著)・偕成社)

赤黄青緑のはっきりとした原色でくっきりと絵が描かれた絵本なので、赤ちゃんから読み聞かせできます。水はじゃあじゃあ、紙はびりびり、踏切はかんかん、と重ね言葉の擬音語をたくさん使っていて、赤ちゃんの聴覚を刺激してくれます。

いないいないばあ(松谷みよ子(著)・瀬川康男(絵)・童心社)

「いないいない…」「ばぁ!」のシンプルな繰り返しで、赤ちゃんとママ・パパとでふれあい遊びができる絵本。繰り返し読み聞かせていると、赤ちゃんも一緒に「ばぁ!」というように・・・その可愛らしい声がなんともいえません。昔からあるロングセラーの絵本で、子供の頃読み聞かせてもらったママ・パパもいるのでは?絵柄もどこか懐かしさを感じさせます。

おつきさまこんばんは(林明子(著)・福音館)

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥880 (2021/06/14 02:31:31時点 Amazon調べ-詳細)
空にぽっかり浮かぶ大きなおつきさまが主役の絵本。夜になって、暗い空の中におつきさまが明るく光る様子や黒い雲がおつきさまを隠す様子が、やさしく語りかける、ここちのよい文章で描かれています。
寝る前の読み聞かせにおすすめの絵本です。

ぴょーん(まつおかたつひで(著)・ポプラ社)

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥858 (2021/06/14 02:31:32時点 Amazon調べ-詳細)
かえるもこねこもさかなも女の子も皆でぴょーん!と飛び上がる絵本。読み聞かせていくと、ぴょーん!の言葉で思わず子供も一緒にぴょーんと飛び跳ねたくなる、楽しい絵本です。

愛蔵版だっだぁー: 赤ちゃんのことばあそび(ナムーラミチヨ(著)・主婦の友社)

インパクトのある丸い顔がたくさん出てくるので、絵に引き付けられてハマる赤ちゃんもいます。「ぶっひゃひゃぁー」「むちゅむちゅ」「だっだぁー」などの絵本に出てくる擬音語を使って、親子で言葉遊びを楽しむことができます。

私の一番のおすすめは、じゃあじゃあびりびり。
よく乳幼児健診で配本されている定番の赤ちゃん絵本。
鮮やかな原色系の色使いで、赤ちゃんの目を引くし、
「びりびり」「プップー」などの身近で聞く擬音語で、赤ちゃんの視覚・聴覚を刺激してくれるから、
とってもおすすめです。

【ブックスタート赤ちゃん絵本】には、他にも選ばれた絵本がたくさんあります。

参考 ブックスタート赤ちゃん絵本

何点か図書館で借りてみて、赤ちゃんのお気に入りを見つけてみるのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です