子供の絵本嫌い・絵本離れを防ぐ!おすすめの絵本読み聞かせ方法5選

息子が生後3ヶ月の頃から始めた絵本の読み聞かせ。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
・絵本をビリビリ破る
・絵本のページを先にめくりたがる
・絵本を全く見ない
・絵本を閉じられる
など・・・
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
絵本離れの危機はたくさんありました。

幾度となく、絵本の読み聞かせをやめようと思ったことか・・・・

また、現在3歳になった息子も、
・絵本がつまらない
・自分の好きな絵本だけ読みたい
・長いお話の絵本は途中でどこかにいってしまう
など・・・

絵本離れ・絵本嫌いにつながる危機があります。

そんな危機を乗り越えるために、我が家が実践した方法。
それは、絵本の読み聞かせ方法の見直しでした。

そこで、本記事では、絵本離れや絵本嫌いを防ぐために実践した、絵本の読み聞かせ方法を紹介します。

これを実践したら、絵本離れ・絵本嫌いの悩みを解消されるかも!

ゆーママ
ゆーママ
絵本を読み聞かせする際のポイントは、
子供にウケる読み方をすることだよ!

絵本好きにするには、まずは子供のウケを狙った読み方をする!

子供を絵本好きにするには、まずは子供にウケる読み方をするように意識することがポイントです。

ママやパパが淡々と、退屈そうにめんどくさそうに読むのは×
ママやパパが楽しそうに絵本を読むことで、子供も絵本に興味を持ってくれると思います。

子供のウケを狙った絵本の読み聞かせについては、
こちらの本を参考にしました。

created by Rinker
¥1,650 (2021/06/14 10:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

東大理Ⅲに子供4人を合格させた佐藤ママの絵本の読み聞かせ方法。
とっても参考になります。

子供ウケを狙った絵本の読み聞かせのポイント5選

まずは滑らかに読めるように、親が先に絵本に目を通す

詰まりながら読むと、子供も退屈していって、集中して聞いてくれません。
できる限り、子供に読み聞かせる前に、親が先に絵本に目を通すことで、
より滑らかに読むことができると思います。

滑らかに読むと、子供も絵本の内容に興味を持ってくれるかもしれません。

読むスピードに緩急をつけてみる

テレビや動画の光や音の刺激に比べて、絵本の刺激は少ないです。
読むスピードがゆっくりだったり、一定だったりすると、子供の退屈になってしまうかもしれません。

絵本に楽しさを与えるには、読む速度が重要です。

・基本的な読み方は「大きな声でゆっくり」
・子供の期待感を高めたいときには「さらにゆっくり」
・スリリングな場面では「早口」
など

読み速度に緩急をつけることで、絵本のお話の内容も盛り上がります。

登場人物によって声色を変えてみる

登場人物になりきって声色を変えてみることで、絵本のお話の内容もさらに盛り上がります。

特に、動物が出てくる絵本の場合、動物になりきって、動物の鳴き声のまねをすると、子供のウケがよいですよ。

擬音語・擬態語の読み方を工夫する

絵本には、たくさんの擬音語・擬態語が出てきます。

擬音語
ドーン、ドッカーン、ガチャ―ンなど
擬態語
もこもこ、にょき、ぱくぱく、もぐもぐ、ピカピカなど

この言葉のもつイメージに合わせて、読み方を工夫してみましょう。

子供を引き付ける変わった擬音語・擬態語が出てくる、おすすめの絵本はこちらです。

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥990 (2021/06/14 10:44:27時点 Amazon調べ-詳細)

この絵本はお化けが出てくるお話で、
「めっきらもっきらどおんどん」という言葉を、子供がちょっと怖がるような感じで読んでみると、子供もより怖さを感じてくれますよ。3歳くらいのお子さんにおすすめです。

場面に合わせて、間をしっかりとる

・物語の場面が変わるとき
・オチの前
・主人公の決め言葉の前
など

場面に合わせて、もったいぶってしっかり間をとるのが効果的です。

しっかり間をとることで、
次はどうなるんだろう?というワクワク感が高まるうえに、次に出てきた言葉がより印象に残ります。

子供ウケを狙った読み方をするには、初見ではなかなかうまく読み聞かせることができません。
まずは、絵本を入手したら、親が先に絵本に目を通す習慣をつけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です