英語絵本定期購読・サブスクおすすめ14選【無料情報あり】

英語絵本の定期購読・サブスクサービス、おすすめはどれ?
英語絵本の定期購読・サブスクサービスはどのように選べばよい?

こういった疑問にお応えします。

私は、おうち英語歴2年ほど。
現在3歳息子を育てるワーママです。

おうち英語で欠かせないのが、英語絵本の読み聞かせ。
英語の絵本って正直どれを選んでいいかわからない?書店や図書館へ行って探しても、子供の英語レベルに合った絵本を見つけるのは結構大変…
じっとしていられない小さい子を連れて、書店や図書館へ行く事自体が一苦労…

そんな時に出会ったのが、英語絵本の定期購読でした。
私も実際に利用しましたが、英語絵本選びの負担が減ってよかったと思いました。

そこで、本記事では、英語絵本の定期購読・サブスクサービスについてまとめてみました。
どのサービスを選べばいいの?と悩んでいる方の参考になればと思います。

また、少しでも絵本代を節約したい!という方向けに、英語絵本を無料で読めるサービスについて紹介します。

英語苦手ママ・パパにおすすめ!【Baby English Labo】

子供に絵本を通して英語のリズムに触れさせたいけど、自身は英語が苦手というママ・パパにおすすめ!CD付英語絵本定期購読【Baby English Labo】

絵本がボードブックだから小さな子供でも安心!
ママ・パパ向けの英語+子育てに関する有益なアドバイスが満載のガイドブック付で、ママやパパも楽しみながら英語に触れることができます。

乳幼児から英語絵本を楽しみたい方におすすめです。




目次

英語絵本の定期購読・サブスクサービスを選ぶポイント

英語絵本の定期購読サービスにも、数は少ないですがいくつか種類があります。
ロングセラーの絵本が読めるサービスや、たくさんの英語絵本が読み放題の電子書籍サービスもあります。

どれがよいか選ぶ際のポイントを確認して、我が子に合った英語絵本を選ぶのがおすすめです。

紙媒体の絵本か電子書籍かを確認する

紙媒体の絵本が届くサービスだけではなく、電子書籍で読むタイプのサービスもあります。
電子書籍の方がかさばらず、手軽に読む事ができる、価格も安く抑えることができるメリットもあります。
小さいお子様、特に0-2歳くらいの乳幼児の場合、スマホやタブレットで見せる電子書籍は目への刺激が強すぎるのでおすすめはできません。

子供に読ませたい本の種類を決める

ロングセラーの絵本、海外で読まれている絵本等、サービスによって様々な種類の本があります。今の子供に読ませたい本の種類を決めてから、サービスを選ぶとスムーズに決まります。

配本コースの対象年齢を確認する

対象年齢が細かく分かれている配本コースを設定しているサービスもあります。
子供の年齢に合った絵本を読みたい場合、対象年齢を細かく分けている配本コースがあるサービスを利用するのがおすすめです。

毎月の配本数はどのくらいか確認する

毎月1冊のコースから月2-3冊程度コースまであります。
毎月の配本数はどのくらいか確認しましょう

料金はどのくらいか確認する

1冊1000円前後から2-3冊で2500円前後等、希望するサービスや配本コースにより、料金は様々です。
毎月の出費になるので、どのくらい絵本代をかけてもいいのか考慮して、サービス・コースの料金を確認しましょう。

持っている絵本とかぶったら入れ替えできるのか確認する

持っている絵本とかぶってしまったら、入れ替え対応をしているサービスもあるので、
既におうちに沢山絵本がある状態からサービスを利用する場合、入れ替え対応をしているのか確認しましょう。

【種類別】英語絵本の定期購読・サブスクサービス一覧14選

英語絵本の定期購読・サブスクサービスには、主に以下の2つの形態があります。
・定期購読という形で毎月新しい絵本が送り届けられるサービス
・月額料金を支払うことで絵本が読み放題になるサービス

ここでは、
・英語絵本(紙媒体)を定期購読できるサービス
・月額料金制で英語絵本(電子書籍)が読み放題のサービス(日本語絵本もあり)
・月額料金制で英語絵本(電子書籍)が読み放題のサービス(オールイングリッシュ)
の3つの種類に分けて紹介します。




英語絵本(紙媒体)を定期購読できるサービス

Baby English Labo(ラボ教育センターのCD付英語絵本定期購読)

特徴
子ども英語教室LaboPartyを運営する(株)ラボ教育センターが提供する赤ちゃん向け英語絵本の配本サービス。
絵本は1ヶ月分ずつ6ヶ月にわたって送付されます。
ボードブックの絵本だから、小さな子供が扱っても大丈夫です。
絵本はCD付で、全ての音声はスマホで再生も可能なので、絵本があればCDがなくてもどこでも子供と一緒に絵本を楽しむことができます。
年間平均配本数(月平均)
6冊(1冊)
※6ヶ月コースのみ
※月に1回絵本1冊の他、歌やおはなしのCD、親子のためのガイドブックもあわせて送付
年間平均料金(月平均)
26,400円前後(税込)(4,400円)
コース内容
全6回お届け
・本6冊
・CD6枚
・ガイドブック6冊
・WEBサービス[動画・音楽配信,メールマガジン]

ブッククラブ絵本の本棚(クレヨンハウスの定期配本サービス)

特徴
英語のレベルに応じた英語絵本コースが3つあります。
毎月送料がかかるが、会員特典としてクレヨンハウス通信や読書ノートのプレゼントがあります。
配本内容は配本の1ヶ月前にお知らせがあります。
年間平均配本数(月平均)
20冊(1~2冊)
年間平均料金(月平均)
30,000円前後(税込)+4,680円(送料)(2,500円前後+390円(送料))
コース
P1コース英語絵本(英語レベル:英語入門程度~)
P2コース英語絵本(英語レベル:中学2年生程度~)
P3コース英語絵本(英語レベル:中学卒業程度~)

ゆーママ
ゆーママ
全国の郵便局にカタログがあるって!
気になる方は、カタログをチェックしてみるのもおすすめ!

ehonhouse 絵本の家・洋書絵本ブッククラブ

特徴
プロが厳選した良質な英語絵本が年齢・成長に合わせて毎月届けられます。
年齢やレベル別にコースがあり、他の英語絵本定期購読サービスと比べてコースが充実しているのが特徴です。月額コースもありますが、年間購読コースもあります。
料金
1,100円~37,610円(税込)
※月額の定期購読コースは、申し込み料金として1,100円、月額料金として1,600円~2,600円(年間23,000前後)かかります。
コース
耳から学ぶ英語コース、ペーパーバック・ボードブック限定コース、リーディングコースなど、目的に合わせたコースや、年齢別コース、レベル別コースがあります。

ゆーママ
ゆーママ
【絵本の家】は店舗で英語絵本のセールをしていることもあるよ!
気になる方は、足を運んでみるのもおすすめ!

キッズブックス絵本ブッククラブ

特徴
東京世田谷になる英語絵本専門店が提供する、読み聞かせやリードアラウドにおすすめの絵本を毎月お届けするシステムです。子供英語スクールや英語指導者向け講座でテキストとして採用した絵本を厳選して1ヶ月に1冊届けます。
事前に1年分の配本リストが提示され、すでに手持ちの絵本なら差し替えも可能なので、絵本の重複をさけることができます。
年間平均配本数
12冊(1冊)
料金
12,200円~17,400円(税込)
※料金は1年分を一括支払い
※毎月配送と一括配送で料金が異なり、一括配送だと料金が安くなる
コース
英語のレベル別に4つのコースがあります。
同じコースを最長3年継続しても、絵本が重複することがありません。
Aコース:読み聞かせ(0歳~)
Bコース:親子のリードアラウド(4歳~)
Cコース:子どものリードアラウド(7歳~)
Dコース:大人のリードアラウド(大人)

マガジンワールド

特徴
海外の英語雑誌を専門に取り扱う購読代理店が提供する、英語絵本の定期購読サービスです。
年齢別・種類別に定期購読コースがあり、絵本は主にネイティブの幼児を対象とした内容になっています。米国アワード金賞を受賞した英語絵本を年単位で定期購読できます。
料金(年単位)
8,820円(税込)(980円×9冊)
コース
はじめてのえいご絵本(0歳~3歳)
親子で楽しむ英語の絵本(3際~6歳)
わくわく楽しい英語の絵本(6歳~9歳)
自然科学の英語絵本(2歳~6歳)
自然科学の英語絵本(6歳~12歳)

日本の企業が提供している英語絵本(電子書籍)読み放題のサブスクサービス

楽天abcマウス

特徴
アメリカNo.1の子供向けデジタル英語学習プログラム。
デジタルえほんには、ディズニーのコンテンツが豊富。
デジタルえほんの読み聞かせのほかに、ぬりえやリスニングゲーム、数字と色のパズル、発音練習など5,000以上のアクティビティーが使いたい放題。
絵本の冊数
絵本の冊数は膨大で数えきれないです。1つのカテゴリーだけでも500冊以上あるので、全体だと数千冊はあるかもしれません。コンテンツは随時追加されています。
絵本の種類
絵本の種類も豊富で、単語数が少なく、英語初心者に適した絵本や、英語音声での読み聞かせ機能付きの絵本、フォニックス(文字や音の結びつき)やライミング(韻)が学べる絵本など、様々な種類の絵本があります。
対象
3歳~11歳
料金
1年プラン(12か月):14,800円(税込)
1ヶ月プラン:1,980円(税込)
※2週間の無料体験期間あり
※1アカウント3人まで登録可能
※楽天ポイントが使える・貯まる

みいみ

特徴
東京ガスとオトバンクが共同で提供している絵本読み聞かせアプリ。
プロのナレーターによる音声で読み聞かせできる機能や、セリフの一部をキャラクターになりきって吹き替えて世界に一つだけの本を作れる機能があります。
日本で親しまれている有名な童話を英語版と日本語版両方で読み聞かせできます。
主に日本語の絵本の読み聞かせがメインなので、英語絵本の読み聞かせだけを考えるとやや物足りないです。
絵本の冊数
人気の絵本から名作童話まで、幅広く50冊以上を配信
対象
3歳~8歳
料金
月額500円(税込)

なないろえほんの国

特徴
絵本で英語を楽しむをコンセプトとした、赤ちゃんから大人まで使える学習アプリ。英語だけではなく、日本語の言語にも対応しています。ナレーション機能や字幕機能があり、文字と音声で、絵に合わせて読み聞かせすることができます。
絵本の冊数
約100冊以上
対象
3歳以上
料金
月額360円(税込)
※月額料金で約100冊以上の絵本が読み放題
※7日間の無料体験あり
絵本で英語学習|なないろえほんの国

絵本で英語学習|なないろえほんの国
開発元:I-FREEK INC.
無料
posted withアプリーチ

森のえほん館

特徴
知育絵本や寝かし付け絵本などオリジナル作品をはじめ、世界の童話や日本昔話など様々なジャンルの絵本が定額で読み放題できます。
絵本の冊数
500冊以上
対象
6か月~6歳
料金
iOS:月額360円(税込)、Android:月額350円(税込)
※月額料金で約500冊以上の絵本が読み放題
※7日間の無料体験あり(Androidは10日間)
絵本の読み聞かせ◆森のえほん館

絵本の読み聞かせ◆森のえほん館
開発元:I-FREEK INC.
無料
posted withアプリーチ

学研のえほんやさん

特徴
児童書や絵本を数多く手掛ける学研が提供する絵本アプリです。学研で人気の絵本をはじめ、幼稚園や保育園でも評価の高い絵本の読み聞かせを、動きや音楽付きで楽しむことができます。
全ての絵本において、日本語・英語両方の2言語対応だから、日本語と英語両方で作品を楽しむことができます。
絵本の冊数
50冊以上
対象
4歳以上、幼児・小学生
料金
絵本1冊を300円程度で購入してダウンロード
学研のえほんやさん

学研のえほんやさん
開発元:GAKKEN CO.,LTD
無料
posted withアプリーチ

絵本ナビえいご

特徴
欧米の小学校で英語教材として使用されている英語絵本を、ネイティブの音声付きで聴くことができます。さらに、音声AIで発音練習ができるので、ただ英語の音声を聴くだけではなく、話す練習もできます。
絵本の冊数
約1,000冊以上
対象
3歳~15歳
料金
初月580円、2か月目以降980円
※アプリ自体は無料でお試し可能(無料で利用できる範囲で使える)
絵本ナビえいご

絵本ナビえいご
開発元:株式会社絵本ナビ
無料
posted withアプリーチ
英語絵本読み放題・音読練習アプリ【絵本ナビえいご】口コミレビュー




英語圏の企業が提供している英語絵本(電子書籍)読み放題のサブスクサービス

Raz-kids(ラズキッズ)

特徴
レベル分けされた本が読み放題の児童向け英語絵本電子書籍サービス。
ネイティブの英語音声の読み上げ機能あり。
絵本の冊数
400冊以上
対象
PreK-6(ネイティブ幼稚園年長から小学校6年生相当)
料金
1契約年間110ドル
(14日間の無料期間あり)
1契約最大人数36人で契約可能。最大人数で利用すると、年間400円程度で利用可能。
(個人で共同利用者を募集するのはサービス規約違反なので注意)
Kids A-Z

Kids A-Z
開発元:Lazel Inc.
無料
posted withアプリーチ

オックスフォードリーディングクラブ

特徴
英語多読教材として人気の高いOxford Reading Tree(イギリスの小学校の教科書としても使用)の絵本が、定額で読み放題になるサービス
対象
4歳~7歳
・ステージ1~3:4歳~5歳
・ステージ4~6:5歳~6歳
・ステージ7~9:6歳~7歳
料金
サービス提供者ごとに違う(提供者によるサポートなしの場合、月額1,500円~2,000円程度)
※英語教室など教育機関での利用
※14日間無料体験あり(6冊まで)
Oxford Reading Club

Oxford Reading Club
開発元:Oxford University Press ELT.
無料
posted withアプリーチ

epic

特徴
米国企業が作った子供向けの絵本や学習動画サービス。
文字なしの絵本ではネイティブによる読み上げ音声あり。文字を読み上げてくれるわけではないので、子供の音読練習用ではなく、絵本の読み聞かせとしておすすめです。
対象
~12歳(ネイティブ相当)
料金
月額980円(税別)
※無料期間1ヶ月あり
Epic 無制限に読める子供向けの本

Epic 無制限に読める子供向けの本
開発元:Epic! Creations Inc
無料
posted withアプリーチ

【種類別】英語絵本の定期購読・サブスクサービス比較まとめ

英語絵本(紙媒体)の定期購読・サブスクサービス比較【特徴・年間冊数・年間料金】

名称
ブッククラブ絵本の本棚 ehonhouse 絵本の家・洋書絵本ブッククラブ キッズブックス絵本ブッククラブ マガジンワールド
特徴 英語教室が提供する赤ちゃん向け英語絵本配本サービス。音声CD付 クレヨンハウスの英語絵本配本サービス。英語のレベルに応じた3つのコースある プロ厳選の良質な英語絵本を配本。配本コースが充実 英語絵本専門店が提供する読み聞かせやリードアラウドにおすすめの英語絵本配本サービス 海外英語雑誌専門店が提供する英語絵本配本サービス
年間冊数 6冊(6ヶ月コース・月1冊) 20冊(月1~2冊) ‐(コースにより異なる) 12冊(月1冊) 9冊
年間料金 26,400円前後(※6ヶ月) 30,000円前後 23,000円前後 12,200円~17,400円 8,820円

※横にスクロールしてください

日本企業提供の英語絵本(電子書籍)読み放題サブスクサービス比較【特徴・対象年齢・読める絵本冊数・月額料金】

名称

なないろえほんの国 森のえほん館 学研のえほんやさん 絵本ナビえいご
特徴 楽天が提供する米国子供向けデジタル英語学習プログラム。ディズニーコンテンツのデジタルえほんが豊富 日本で親しまれている有名な童話を英語版と日本語版両方で読み聞かせ可能。日本語絵本メイン。 絵本で英語を楽しむをコンセプトとしたアプリ。ナレーション機能や字幕機能あり 知育絵本・寝かし付け絵本や童話など様々なジャンルの絵本が読み放題 学研で人気の絵本を動きや音楽付きで楽しむ。日本語・英語両方の2言語対応 ネイティブ音声付で英語絵本を読み放題。音声AIで発音練習可能
対象年齢 3歳~11歳 3歳~8歳 3歳以上 6ヶ月~6歳 4歳以上(幼児・小学生) 3歳~15歳
読める絵本冊数 およそ数千冊 50冊以上 約100冊以上 500冊以上 50冊以上 約1,000冊以上
月額料金 1,980円(2週間無料体験あり) 500円 360円(1週間無料体験あり) iOS:360円(1週間無料体験あり)Android:350円(10日間無料体験あり) 絵本1冊を300円程度で購入・ダウンロード 初月580円、2か月目以降980円(無料で利用も可能※無料の場合、利用制限あり)

※横にスクロールしてください

英語圏企業提供の英語絵本(電子書籍)読み放題サブスクサービス比較【特徴・対象年齢・料金】

名称 Raz-kids(ラズキッズ) オックスフォードリーディングクラブ epic
特徴 レベル分けされた本が読み放題の児童向け英語絵本電子書籍サービス。ネイティブの英語音声の読み上げ機能あり 英語多読教材として人気の高いOxford Reading Treeが定額で読み放題になるサービス 米国企業が作った子供向けの絵本や学習動画サービス。文字なしの絵本ではネイティブによる読み上げ音声あり
対象年齢 ネイティブ幼稚園年長から小学校6年生相当 4歳~7歳 ~ネイティブ12歳相当
料金 1契約年間110ドル(14日間の無料期間あり)
1契約最大人数36人で契約可能。最大人数で利用すると、年間400円程度で利用可能。
月額1,500円~2,000円程度(14日間無料体験あり) 月額980円(1ヶ月無料期間あり)

※横にスクロールしてください

選ぶ基準別!おすすめの英語絵本の定期購読・サブスクサービスは?

コスパ重視!英語絵本をリーズナブルな料金で読みたい

コスパ面を考えると、1冊あたりの本代が安くなる電子書籍がおすすめです。
なかでもおすすめなのが、楽天ABCマウス。

ゆーママ
ゆーママ
楽天ABCマウスは、英語絵本の数が膨大!
できるだけ安くたくさん英語絵本を読み聞かせしたいなら、おすすめだよ!
ディズニーのデジタルえほんがあるのも魅力的!

ロングセラーから最新刊まで優れた英語絵本を読みたい

子供向けのいろんな英語絵本を読み聞かせたいなら、【ブッククラブ絵本の本棚(クレヨンハウスの定期配本サービス)】がおすすめです。

ゆーママ
ゆーママ
英語のレベルに応じた絵本を配本してくれるよ!
コースがシンプルでわかりやすいし、自分の絵本を選ぶ手間も省けて楽だよ!

配本コースがたくさんあるサービスを利用したい

年齢やレベル別に配本コースがある【ehonhouse 洋書絵本ブッククラブ】がおすすめです。

ゆーママ
ゆーママ
絵本のプロが年齢・成長に応じた英語絵本を配本してくれるよ!
選ぶ手間が省けて嬉しい!

絵本の定期購読サービスを利用するメリット

    絵本の定期購読サービスって何がいいの?
    たくさん絵本を読みたいなら、図書館で借りてくればいいんじゃないの?

そう思われている方、多いと思います。
私もサービスを利用する前はそう思っていました。

でも実際に2-3社ほど利用してみて、やっぱり利用してよかったと思いました。
その理由について、まとめてみました。

自分では選ばない絵本が届く

図書館や書店で本を選ぶと、どうしてもこの絵本が自分の好み、今の我が子にはこれがぴったり、と思って、絵本の内容の傾向が偏りがちになってしまいますよね。

我が家も恐竜好きな息子向けに、恐竜の絵本ばかりを選んでいた事もありました。
好きな事を絵本で極めるのもいいけど、他の分野にも触れてほしい・・・
そんな時にぴったりだったのが、絵本の定期購読サービスでした。

自分では選ばなかった日本の昔話の絵本が届いたり、図書館や書店には置いていない海外の絵本が届いたりして、こんな絵本もあるんだ!と新たな絵本との出会いのきっかけにもなりました。

意外と息子がハマる絵本もあり、こんな絵本も好きなんだ!という発見にもつながりました。

定期的に送ってくれるから、わざわざ図書館・書店へ行く手間・選ぶ手間が省ける

特に子供が小さいと、図書館や書店に行くのも一苦労。
静かにして!小さな声でお話してね!と言っても、大きな声を出しながら、走り回ったりして・・・
うるさいから、ゆっくり絵本を選べない事もしばしばでした。

でも、絵本の定期購読サービスなら、定期的に絵本を家まで届けてくれるから、わざわざ図書館や書店へ行く手間もなし!忙しいママにはほんと助かるサービスです。

配本コースを選択すれば、自分で絵本を1冊1冊選ぶ手間も省けてほんと楽です。

絵本代が抑えられるサービスあり

電子書籍の絵本の定期購読サービスを選べば、通常の書店で絵本を購入するよりも絵本代を安く抑える事が可能です。
なるべく絵本代は節約したいと家庭にはおすすめのサービスだと思います。

衛生管理がしっかり行われているサービスが多いので安心

図書館で借りる絵本、中古やレンタルの絵本だと、衛生面が心配ですよね。
多くの絵本定期購読サービスでは、衛生管理がしっかり行われているので、安心して利用できます。




絵本の定期購読サービスを利用するデメリット

届いた絵本に子供が興味を示さない事がある

届いた絵本に子供が興味を示さない事があります。
やはりできるだけ子供に実物をみせて、子供が興味を示すか確認したいという方は、
いろんな分野(童話系、昔話系、食べ物系等)の絵本を書店購入もしくは図書館で借りてみて、ある程度興味がありそうな分野を絞った上で、子供の興味に沿った配本コースを選択するのがよさそうです。

ハードカバータイプではなく、ペーパーバックタイプの絵本が届く場合がある

通常の書店で単品で絵本を購入するよりも料金が安いため、ペーパーバックの絵本が届く場合があります。小さい子供が読む際、ペーパーバックだとすぐに破られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

手持ちの絵本と被る場合がある

手持ちの絵本と被る場合、交換手続きができたり、対象の絵本を除外して別の絵本を代わりに送るサービスをしてもらえるケース、返金対応できるサービスがありますが、いずれも自分で手続きをしないといけないので面倒に感じます。

送料を負担する分、通常より割高

紙媒体の絵本の定期購読サービスでは、絵本の価格は基本的に定価になります。さらにそこに配送料がかかるため、Amazonや楽天といったネット通販で購入するよりも割高になります。

毎月一定数の絵本が増える

紙媒体の絵本が送られるサービスの場合、毎月絵本が一定数増える事になります。
絵本が増えて収納に困るという方は、電子書籍のサービスもあるのでそちらの利用を検討する事もおすすめです。

【無料】英語絵本代を節約したい人におすすめの英語絵本アプリ・サイト

英語絵本の電子書籍が読めるアプリ【Khan Academy Kids】

Khan Academy Kids

Khan Academy Kids

Khan Academy無料posted withアプリーチ

米国のIT企業が作った、幼児向け英語学習アプリ。対象年齢は2歳~8歳。
全てAll Englishで、動物・乗り物・魚・虫などの英語絵本を読むことができます。

ゆーママ
ゆーママ
広告も課金もなしで、完全無料で使えるよ!

英語絵本の他に、フォニックス、算数、科学も学べたり、動画、ミニゲームなども楽しめます。年齢のレベル別に内容も作られていて、子供も飽きずに楽しめます。

オックスフォードリーディングツリーの電子書籍が読めるサイト【oxford owl】

イギリスの小学校の教科書であるオックスフォードリーティングツリー(ORT)が無料で読めるサイト。
簡単な登録をするだけで、年齢別やテーマ別に、約200冊近くのORT絵本を読むことができます。

ゆーママ
ゆーママ
英語教室のオンラインレッスンでも使われているみたいだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です